×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肌にダメージを与えない、口周りの産毛処理の方法

顔に産毛があると、化粧のノリも悪くなるし、産毛が生えているせいで、肌がくすんで見えてしまいます。
顔の中でも、一番気になるのが鼻の下や口周りの産毛です。

 

この部分に産毛が生えていると、女性として何だか恥ずかしい気がします。
それに、人と近づいて話をするのが怖くなってしまいます。

 

人それぞれ、産毛の濃さは違いますが、産毛の処理をするのは、1週間に1度くらいが理想的です。
それ以上、頻繁に処理をしてしまうと、肌が敏感になってしまい、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

 

自分で産毛処理をする際には、カミソリを使うのが一般的ですが、口周りなどのデリケートな部分は、カミソリでの処理に不安がある方も多いと思います。

 

そのような方にお勧めなのは、女性用の電動式のシェーバーです。
電動式のシェーバーであれば、肌を傷つけてしまう事がありませんから、安心して処理をする事ができます。

 

どの方法でも、産毛の処理をした後には、肌に保湿を与える事が大切です。

 

処理をした事で、肌の角質にダメージを与えていますから、保湿クリームなどを多めにつけて保護する事が大切です。

 

みんな顔のうぶ毛ってお手入れしているの?
このサイトでもいろいろな人の処理方法が紹介されているので参考にしてみたはいかがでしょう。